2018年3月講演会&交流会:NYで働く女性たちシリーズ第2弾、伊藤和子「声を上げ始めた女性たち」

#Me Tooの先に見えるか、女性が安心して働く職場 

講師:伊藤和子さん(弁護士、国際人権NGO “Human Rights Now” 事務局長、ミモザの森法律事務所代表)
特別ゲスト:伊藤詩織さん(ジャーナリスト)

モデレーター:
津山恵子さん(国際ジャーナリスト) 

   

…………………………………………………………………………………………………………………………….

 日時: 3月15日(木)  受付開始  6:30pm /開演 7:00pm

 場所: 日系人会ホール  49 West 45th Street   11

 参加費(軽食付) ゲスト $30/JAAメンバー $25 /学生 $20(現金 or チェック=宛先 JAA

 締切: 313日(火)

 お問い合せ・ご質問  event.jwb@gmail.com  (自動返信応答あり)

…………………………………………………………………………………………………………………………….

  • 講演会後は、軽食と共に、参加された皆さんとの交流会となります。
  • 参加費は、食事等の経費を差し引いた全額は、日系人会への寄付となります。
  • 当会主催の講演会は、すべてボランティアで運営 しています。

…………………………………………………………………………………………………………………………….

講演会の内容:

…………………………………………………………………………………………………………………………….

伊藤和子さんは、女性であることで理不尽に差別されたりせず、やりがいのある仕事は何かを求めて、1994年に弁護士に。「世界で最も深刻な人権侵害に苦しんでいる人々のために」の想いを胸に、2006年、東京を本拠に国際人権団体ヒューマンライツ・ナウ」を立ち上げ、世界の人権侵害に取り組む活動を続けています。

昨年10月、ハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ・スキャンダルを皮切りに、世界の女性が次々と「#Me Too」の声をあげ始めました。そして今年に入って、虐待やハラスメント、様々な不平等に対し、女性たちが口を閉ざす時代は終わったと訴える「Time’s Up」運動が広がっています。

こうした中、日本社会は、一体どのような状況になっているのでしょうか? 伊藤弁護士が、その活動を通して感じる働く女性の意識や抱える問題、世界で広がる#Me Tooの動きと日本の現状等について語っていただきます。

そして、3月に、国連本部で開催される国連女性の地位委員会イベントに、伊藤和子弁護士と共にNY入りし、日本の#Me Too運動の先駆けとして、性暴力のない社会を求めて活動する伊藤詩織さんが、スペシャルゲストとして参加されます。

#Me Tooの動きの背景や現状をお二人から伺い、#Me Tooの先に見える、女性が安心して働ける環境について、皆さんと考える場になればと思います。

0 467
JWB-NY