• 2020年2月講演会&交流会:山田 理、話題の「最軽量のマネジメント」とは?

    講師:山田 理(おさむ)サイボウズ(株)取締役副社長兼サイボウズUS社長 

    一 働き方が多様化する時代のマネジャー論を語る 一


     日時:2月28日(金) 受付開始 6:30pm /開演 7:00pm

     場所: 日系人会ホール  49 West 45th Street 11

     参加費(軽食付) ゲスト $30/JAAメンバー $25 /学生 $20(現金 or チェック=宛先 JAA

     お申し込み・ご質問  event.jwb@gmail.com (自動返信応答あり)

      • 講演会後は、軽食と共に、参加された皆さんとの交流会となります。
      • 参加費は、食事等の経費を差し引いた全額は、日系人会への寄付となります。
      • 当会主催の講演会は、すべてボランティアで運営 しています。

    講演会の内容


    「チームワーク溢れる社会を創る」の理念のもと、“100人100通りの働き方”を提唱し、働き方改革のリーダー企業として進化し続けるサイボウズ社。その副社長として大活躍の山田理氏が、新しい時代のマネジメント論としてまとめた新著「最軽量のマネジメント」が、今たいへん話題になっています。表紙タイトルに書かれた“最軽量”、“マネジャーにすべてを背負わせるのはもうやめよう”という言葉が、たいへん印象的な著書です。

    働き方の多様化に伴い世代間ギャップが生じ、その中で一番苦しい立場なのは上と下の板挟みとなるマネジャーという視点から生まれたマネジメント論。そこには、「これからのマネジャーはどうあるべきか!?」という重荷を課すのではなく、過度な期待や責任からマネジャーを解き放ち「どうすればマネジャーの仕事を減らせるか」という軽やかなマネジメント手法の考え方です。そのためには「情報を徹底公開する覚悟」や「説明責任」と「質問責任」の概念などが語られていますが、その真意を山田氏自らの言葉でお話いただきます。

    いっそう多様な時代へと進む中、働き方、組織やマネジャーのあり方などについて、悩みを抱える方々にとって、多くの刺激やヒントを得る機会になればと思います。皆さんとの意見交換や語り合える時間も設ける予定です。

    講演会後、著書販売&サイン会を開催:
    「最軽量のマネジメント」$15 (Cash Only)

     

    Read More
    0 120